摔跤とは

摔跤とは中国において発展した組技を中心とした武術です。

その起源は古代中国に始まり、現代にいたるまで様々な経緯のもと伝承、発展してきました。

 

中国国内でも各地に摔跤があり、練習法や競技のルールも異なりますが

現在は国際的な発展と普及を目指して競技ルールの統一化が進んでいます。

 

また現段階で中国や臺灣において単に「摔跤」と表記した場合は「西洋式レスリング」を指す場合が多く

「中国式摔跤」「中國式摔跤」と明記されることが多いようです。 

(※このホームページにおいては「摔跤」と表記した場合「中国式摔跤」のことを指します。 )

 

練習法は基礎的な単独動作から始まり、套路(型、一連の連続動作)、倒法(受身)、摔法(投げ技)などを行います。

 

基礎的な体力が身に付いた段階で希望者は練習試合へ進みます。

 

単独練習や套路が多い点では中国伝統武術や日本の一人型、二人型を中心に行う武道と似ていますが、試合がある点で相撲・柔術・柔道(※1)や西洋レスリングなどの格技・武術と似ています。

その為、練習法が豊富で、より幅広い年代の方に段階的に組技を体験していただくことが出来る体系となっているのが特徴です。

 

(※1 ルール的には試合での打撃の禁止は柔道やレスリングと同様、倒れて以降の寝技がない点は相撲と同様。)

 

駒井の個人的な見解としては、型稽古中心の中国武術を行っている方には試合があることで、試合中心の組技系を行っている方には一人稽古の豊富さにより益するところがあり両者を繋ぐ架け橋にもなり得るのではないかと可能性を感じています。