会長記

始めの挨拶

 

この度、日本における摔跤の発展と普及を目指し、中華武術摔跤協会のご協力、ご支援のもと日本摔跤協会を発足、並びに会長就任の運びとなりました。会長と言っても会員は現在私一人の状況です。

2016年3月の渡航から始まり年数度の渡航を経た段階の学び始めて間もないこの時期の発足となり、不安な船出となった反面、「いつ始めるにしても不安なのは変わらないだろう」と開き直った面もあり、漕ぎ続けてどのような出来事が起こるのだろうと希望も入り混じる不思議な気持ちでスタートラインに立っています。

 

私自身の実力、経験不足は中華武術摔跤協会の常達偉老師も十分にご承知の上で、今後の成長への期待を込めての後押しだと思います。

今後、会の発展と共に、個人の研鑽を弛まず続けて行きたいと思う次第であります。

 

私自身の至らなさ故、ご縁の多少を問わず皆様にご迷惑をおかけすることも多々ある事と存じますが、ご指導ご鞭撻、またご協力のほど謹んでよろしくお願い申しあげます。

 

2017年 7月15日

 

日本摔跤協会 会長 駒井雅和